販売休止期間中

 上緞子  商品内容

緞子は西陣織の織法の一つです。先染めの緞子は、鎌倉時代に中国から伝わり、その後、西陣でも製織されるようになりました。経糸あるいは緯糸を、織物の表面に浮かせるように配し、独自の模様とふっくらとした地厚を表現しています。
菓匠 宗禅の和洋創作あられ「上緞子」は、厚めでつやつやした質感をクッキー生地で、模様を宝船の形のあられで表現しています。
クッキーの表面に、宝船のあられを埋め込む独自製法を見出したことで、珈琲や紅茶にも合う、新感覚のあられが完成しました。かつてない、和洋の味の調和をお楽しみください。
■店主の逸品づくり物語…上緞子(じょうどんす)
「古来の文化を尊重しながら、新しい文化を創造する」。
その視点に立ち、珈琲や紅茶に合うあられを発想しました。
しかし、餅米を主原料にすると、珈琲や紅茶との相性に違和感があります。
そこで洋菓子に着眼し、クッキーとの融合を試みました。
最初はクッキー生地にあられを混ぜて焼いてみたのですが、あられの食感が残らず失敗に終わりました。
次に板状あられをクッキーで挟んだところ、今度はあられの味が強すぎて双方の味が分離…。
試作を繰り返して辿り着いたのが、クッキー生地の上からあられを押し込む方法です。あられは宝船の形とし、最適な味付けや大きさも導き出しました。
単に新しいのではなく、「美味しく新しい」が信条の創作和洋あられを、ぜひお召し上がりください。