緞子  商品内容

緞子は鎌倉時代に中国より伝わり、やがて西陣でも製織されるようになりました。経糸、あるいは緯糸を織物の表面に浮かせるように配し、独自の模様とふっくらとした地厚を表現しています。金糸銀糸を用いた華麗な織地は、まさに豪華絢爛の極み。菓匠 宗禅の「緞子」はこの織物と同様に、厚めでつやつやとした風合いの玉子せんべいです。独自製法でやわらかく煎りあげた丹波黒大豆を模様に見立て、一枚にまるごと一粒を用いています。
ふんわりとした玉子生地の甘みと、黒豆の風味が織りなす味わいは、まさに豪華絢爛の極みです。
 
内容量
価格(税別)
ご注文
3袋入り
※この商品は熨斗をつけることが出来ません。
450円

数量

※商品には別途消費税がかかります。

■店主の逸品づくり物語…緞子(どんす)
私どもでは、旬の素材を用いた月替わり商品も販売しております。中でも「緞子」は、期間終了後、「もう一度焼いて欲しい、一年間も待てない」との声が殺到しました。何とかご要望にお応えしたい、しかし旬の美味しさでなければ…。一年を通じて、最高級の丹波黒大豆を供給してくださる農家はないものかと探し歩きました。そして、つてを頼りにようやく辿り着いた一軒で、「日本一美味しい黒大豆せんべいを作りたい」という想いを精一杯伝えました。主が快諾してくださったことで、旬ものと違わぬ上質の丹波黒大豆が年中手に入るようになったことは何よりの幸運です。たまごをふんだんに使った生地に、自然の恵みいっぱいの黒大豆をのせ、一枚一枚、丁寧に手焼きしております。