吹寄せ(綸子・りんず) 商品内容

伝統工芸・西陣織の紋様のひとつに、「吹寄せ紋様」があります。これは、花々や木の実が風に吹き寄せられた風情を、また種々のものを寄せ集めた様を表したものです。
この紋様にちなんだ菓匠 宗禅の「吹寄せ(綸子・りんず)」は、種々の京のあられとおせんべいで、
風情あふれる京都の四季まで表現しています。春…風に舞う桜の薄紅色は、桜海老でほんのりと。
初夏…青葉燃え立つ新緑は、宇治の抹茶で瑞々しく。
秋…紅葉の艶やかさと晩秋の趣は、小豆の豊かな色合いで。
冬…はらはらと舞いおりる粉雪は、淡いしょうがの白さに頼り。
内容量
価格(税別)
ご注文
ご愛食用袋入り3袋
※この商品は熨斗をつけることが出来ません。
450円

数量


※商品には別途消費税がかかります。

■店主の逸品づくり物語…吹寄せ(綸子・りんず)
四季折々に異なる表情を見せ、そぞろ歩きも楽しい京都・西陣。その風情を、京のあられやおせんべいから感じ取っていただけたら…。西陣の地をこよなく愛し、より多くの方に魅力をお伝えしたいという想いから、吹寄せは誕生しました。桜海老や抹茶、小豆、しょうがなど、素材が持つ色を、季節の彩りにたとえています。また、春を代表する桜の形のあられや、燦々と輝く夏の太陽のように丸く渦を巻いたおせんべいなど、形でも季節を表現しています。そして食感は、移ろう四季の繊細な美しさを意識して、熟練した技と手作業により、薄く、軽い仕上げに。九種の京のあられとおせんべいを小袋に分けていますので、袋ごとに多少内容が異なります。それも一興としてお楽しみください。