菓匠宗禅の和歌とは


「見わたせば 柳さくらを こきまぜて 宮こぞ春の 錦なりける」

京西陣菓匠宗禅のすぐそばに雲林院というお寺があります。
雲林院は淳和天皇の離宮で大徳寺の元となったお寺です。
このうたは僧正遍昭の子の素性法師が雲林院にて詠まれたと伝えられており、
春の京の都を遠くから見渡すと、緑の柳とピンクの桜が混じり合い、
京都そのものが錦(西陣織)の織物のようであるという意です。

菓匠宗禅は西陣織と同様に、
京を代表する「菓匠」であり続けたいとの店主の強い意志により、
あえてこの和歌のみを包装紙や商品の小袋に用いております。