京西陣菓匠宗禅が京町屋にこだわる理由


私は幼い頃から先代に「男と生まれたからには、
何か文化を残せ」と言われて育ちました。

その影響もあり、自然と創業時より菓匠宗禅では
「本物の技・味を追求しより良き文化を後世に継承
する」事を使命として参りました。

ですから文化という二文字にこだわり続ける以上、私の中では、本店を構えるのは交通量の多い道路やガラス張りのモダンな店では私の想いを達する事は出来ないと頑なに信じておりました。

その為、当初より本店の地を捜し求める時でも、
京町屋以外は考える事は有りませんでした。

真夏のとても暑い日、妻と二人で流れる汗をぬぐいながら、西陣の町を歩き回り空家を探す日々が続きました。

何も無い若い二人でしたので時には「君らに家を貸すほどうちは貧乏していない」と怒鳴られた事も有りました。

しかし私には「自分の掲げる使命を達成する為には京町屋しかない」との強い信念がありましたので、それ程のことでへこむ事など無く、来る日も来る日も空家を探しては「この家を使わせて欲しい」とお願いしては、断られる。またお願いしては、断られるという日々が続きました。

そして遂に今までの努力が実を結んだのです。私の熱い想いをいつものように家主さんに懇々と語らせて頂くと「気持ちは良くわかった。そしたらやってみなはれ」と言って下さったのです。

突然の訪問にも関わらず、更には信用も何も持たない二人を信じて頂いたのです。

今でも家主さん、また町屋探しに力をお貸し頂いた町屋倶楽部の皆様には心より感謝致しております。

しかし喜んだのもつかの間、まだ問題は残っておりました。それは古い町屋を再生する為には、今様の店舗を改装するよりも3倍以上のコストがかかったのです。

また人通りの少ない、人目につきにくい古い町屋でしたので「なんで好き好んでこんな古い建物を使うねん?」とか「こんな所で商売が成り立つ訳が無い」と多くの人々に反対されました。

しかし信念を中途半端に曲げるくらいならやめる方がましだと思っていましたし、それらの反対に屈する程の弱い想いではありませんでした。

そして今、お蔭様で京町屋を用いた本店には、お客様が新しいお客様を連れて来られます

それは口コミと紹介が広がり順調に夢を実現させて頂いております。

私が京町屋にこだわる理由は「日本古来よりの住居から、より良き文化を発信するとともに、日本の住居の文化をも後世に伝え残したい」との想いからなのです。