インフォ

あられ(菓子)/米菓/おかき/おせんべい/おすすめの京都土産なら京西陣菓匠 宗禅通販サイトへ

【京西陣 菓匠 宗禅】限定おすすめ商品はこちら 1配送につき1万円以上送料無料 北海道・沖縄は540円(税込)

新規会員登録
今なら300ポイント+宝舟あられプレゼント

あられ・おせんべいについて

あられとは

宗禅 上朱珍

あられの由来は鏡餅。昔の方は、五穀豊穣や一年の無病息災を願い、米にひと手間かけ餅を作りを神様にお供えします。

鏡を模したお餅。鏡は古来より神霊のご神体として神社の本殿や拝殿の神前に祀られてきました。その鏡を模したまるいお餅に家族円満を願い、また自分は「腹黒くない」という意味を込めて、真っ白いお餅を備え、お正月に神様を迎えるお供え物として、鏡餅を飾ったと伝えられています。

お正月に供えられた鏡餅を11日の鏡開きにお下げして食す際、刃物を入れずに手で割るには意味があります。鏡餅を包丁で切るのは神様を切ることに繋がり、また家族円満を切り裂くように考えて忌み嫌い、手で欠く(割る)ようになったのです。

そこから手で欠いた餅、かきもちと呼ばれるようになったとされております。手で欠いた餅の中にはぽろぽろと細かいものがでます。
それを煎った(焼いた)ときに跳ね上がる音が冬の空から降ってくる霰に似ていたことや、焼きあがったものが降ってきた霰に似ていたことから「あられ」と呼ばれるようになりました。

instragram

商品一覧

上へ戻る