菓匠宗禅の和歌とは – 京西陣 菓匠 宗禅
インフォ

» 菓匠宗禅の和歌とは

【京西陣 菓匠 宗禅】限定おすすめ商品はこちら 1配送につき1万円以上送料無料 北海道・沖縄は550円(税込)

           

新規会員登録

           

HOME > 宗禅、あられ・餅・せんべい、わらび餅について > 菓匠宗禅の和歌とは

宗禅について

菓匠宗禅の和歌とは

宗禅 和歌

「見わたせば 柳さくらを こきまぜて 宮こぞ春の 錦なりける」

京西陣菓匠 宗禅の近くに雲林院というお寺があります。雲林院は淳和天皇の離宮で大徳寺の元となったお寺です。

この歌は、僧正遍昭の子の素性法師が雲林院にて詠まれたと伝えられており、
『春の京の都を遠くから見渡すと、緑の柳とピンクの桜が混じり合い、京都そのものが錦(西陣織)の織物のようである』という意です。

菓匠宗禅は西陣織と同様に、京を代表する「菓匠」であり続けたいとの店主の強い意志により、あえてこの和歌のみを包装紙や商品の小袋に用いております。

商品一覧はこちら
     
  • 宗禅・あられ・わらび餅について
  •    
  • 贈り物豆知識
  •  



  • 京町家茶房宗禅カフェ
  • あられ焼き体験

上へ戻る