インフォ

あられ・わらび餅の通販(お取り寄せ・ギフト)なら『菓匠 宗禅』公式オンラインショップまで。皇室献上品の「上技物あられ」をはじめ、高級ホテルや料亭のVIP菓子(ザ・リッツカールトン京都、京都ブライトンホテル、セントレジスホテル大阪、西陣織工業組合、千本えんま堂御用達)としてもご利用いただいております。京都土産を代表するお菓子「あられ」「おせんべい」「わらび餅」は贈り物やギフトにも喜ばれます。どうぞご利用下さいませ。

【菓匠宗禅のお中元】おすすめ商品はこちら 1配送につき1万円以上送料無料 北海道・沖縄は540円(税込)

$LAST_NAME$ $FIRST_NAME$ 様 現在のランク:$MEMBER_STAGE_NAME$ / ご利用可能ポイント:$POINT$pt

新規会員登録
今なら300ポイント+宝舟あられプレゼント

わらび餅について

わらび餅とは

わらび餅とは、ワラビの茎からできる、でんぷんと水、砂糖から作る和菓子で、きな粉や黒蜜などをまぶし古来より食されてきました。その歴史は平安時代の醍醐天皇が好んだと伝えられています。

わらび餅はでんぷんの特性上、冷蔵庫で冷やすと白く固くなってしまうため冷やすことはできませんでした。もちろん、冷凍庫で凍らせることは不可能とされていました。それは無理に冷凍したわらび餅を解凍すると、ボソボソした食感になり、モチモチ感が無くなるからです。

しかし、京都の暑い夏の日に冷たいわらび餅が食べることができたならと、研究と試行錯誤を積み重ね、3年の月日を費やし、初めてわらび餅を冷凍することに成功したのです。
 
それは原材料の独自配合と、3度に分けて凍らせるという今までにない製法。さらに、通常のわらび餅ではありえない、手でわらび餅生地を揉んで味をつけること。

ふつうのわらび餅は鍋に熱を加え、ヘラで練るだけですが、それでは「凍りわらび餅」の独特のモチモチ感がでません。またアツアツのわらび餅生地に抹茶を加え練ると、抹茶の上品な香りが半減し、苦みと渋みが出てしますのです。
 

そのため、練り上げたわらび餅をすぐに急速冷凍にかけ、一度目の冷凍。人肌の温度まで冷めると抹茶やフルーツなどの素材を加えて丁寧に手で揉み込み、餅生地を伸ばして2度目の冷凍。そしてわらび餅が固まると、一口サイズにカットし、きな粉や抹茶をまぶし、3度目の冷凍をかけようやく完成となります。

この製法を進化させ、さらに3年かけ出来上がったのが、フルーツやチョコレートなどを練り込んだ、「串わらび」なのです。
 わらび餅を凍らせることに成功した思わぬ成果が、解凍時間により食感が3度変化すること。

凍ったまま食べると、シャキシャキのシャーベットのような食感。続いて少し溶かすと、外はモッチリ、中はシャッキリの今までにない食感。最後まで解凍すると、モチモチ食感が味わえます。この独自の製法はあられ作りで餅をあやつる技術が基礎となっています。
京町家 茶房 宗禅では水を多く含む、とろとろのわらび餅ではなく、餅という名前同様にあえてモチモチした食感にこだわり尽くしているのです。現在、30種類以上の味のわらび餅を作るのは日本で京町家茶房 宗禅だけです。

商品一覧

PAGE TOP