只今、販売休止期間中です

 あぶりせんべい 商品内容

秘伝あぶりせんべいは、西陣 宗禅本店にて1日5袋のみ、
また直営百貨店にて毎月0のつく日(10日・20日・30日)のみ販売しております。

なぜ1日5袋限定かと申しますと、それは、大変な手間と時間をかけて焼き上げるおせんべいだからです。1枚のおせんべいを焼き上げるのに1時間かかるため、どうしても大量に焼くことができないのです。
まず、おせんべいの白生地(まだ焼いていないおせんべい生地のことです。)を焼き網の上にのせます。白生地は、乾燥させているので初めは固いのですが、熱を加えることによりやわらかくなります。そのまま焼くとグニャッと曲がったおせんべいになってしまいますので、おせんべいを押さえつけて生地をまっすぐに伸ばします。焼き網の上は、大変熱いので熟練の人でないと大やけどを負ってしまいます。おせんべいが膨らんだら、網を裏返しもう片面も焼きます。こんがりと両面が焼けるまで、じっくりと焼き上げます。
こんがりと焼きあがったおせんべいを粗熱がとれるまで冷ましてから、しょう油にたっぷり漬けます。このしょう油は、だだのしょう油ではありません。羅臼(らうす)昆布とカツオでダシをとり、みりんや砂糖などを入れじっくりと煮込み、少し甘辛く仕上げた当家に代々伝わるしょう油です。
ここからが、あぶりせんべいの特徴となるのですが、普通はおしょう油を付け、もう一度乾燥させて完成となる所を、もう一度焼き網にのせて焼き上げます。
こうして手間と時間をかけ、おせんべいを二度焼き上げるという手間をかけ、しょう油の焦げる香ばしい香りと、おせんべいの旨みがギュッと凝縮された独特の風味を持つおせんべいが焼きあがるのです。