京の黒糖あられ 商品内容

『普通の砂糖では出せない味がある。』
 膨大な時間と手間がかかり、火加減に細心の注意を払い、ようやく完成してもわずかな量しかできない。
 だからこそ味わってもらいたい。それが、菓匠 宗禅の黒糖あられです。
 最高級の佐賀産ひよく餅米を使い、洗米から蒸し、餅つき、寝かせ、乾燥、焼きと、普段と変わらぬ製法で1週間以上の時間をかけ、まずあられを焼き上げます。
 ここまででも、充分時間と手間がかかるのですが、黒糖あられはここからが本番。

『秘伝たまりしょう油合わせ』
 味付け用の専用鍋に黒糖を入れ、それをゆっくりと時間をかけて溶かす。 
黒糖は、普通の砂糖に比べて蜜分を多く含むため非常に固まりやすいという性質があります。また、カルシウム、鉄などのミネラル分が糖蜜に多く含まれております。
そのため、高温にし過ぎると鍋に焦げついてしまう。低温すぎるとうまく味がのらない。
微妙な黒糖の変化を感じ、絶妙なタイミングであられと合わせないと本当においしい黒糖あられができません。
 さらに、黒糖の味をもっと引き出すために、普通使われているのが塩です。 塩を少し入れることにより黒糖の甘みが増すからです。 しかし、塩ですと甘みが増すだけで、薄っぺらな味わいになります。
 そのため、宗禅では、代々伝わる秘伝のたまり醤油を黒糖に合わせます。 
このたまりしょう油が黒糖の旨み、コクを最大限引き出すのですが、さらに火加減が難しくなってしまうのです。
 職人の感覚で、少しずつ少しずつ作っていき、ようやく完成。

『極上絶品』
 それは、とても味わい深い黒糖あられとなっておりました。
 黒糖と醤油の香ばしい香り、黒糖独特のまろやかな甘さと、たまり醤油が引き出す、奥行きのある風味。 食べた後にも黒糖とあられのやわらかな余韻が残ります。
 大変な時間と手間がかかり、少量しか作れない極上の黒糖あられを、ぜひ一度お召し上がり下さいませ。