インフォ

【菓匠宗禅のお中元】おすすめ商品はこちら 1配送につき1万円以上送料無料 北海道・沖縄は540円(税込)

$LAST_NAME$ $FIRST_NAME$ 様 現在のランク:$MEMBER_STAGE_NAME$ / ご利用可能ポイント:$POINT$pt

    • クレジット
    • 代金引換
    • コンビニ
    • 銀行振込

    1配送につき1万円以上送料無料 北海道・沖縄は540円(税込)

  • 買い物かごを見る

HOME > 敬老の日はいつ?由来、プレゼントなど

【敬老の日】について


【2018年の敬老の日はいつ?】


 2018年の敬老の日は、9月17日(月曜日)になります。


 敬老の日は、国民の祝日に関する法律により祝日と定められており、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨としています。
 1965年制定された敬老の日は9月15日と定められておりましたが、ハッピーマンデー制度(祝日改正法)により、2003年以降は、9月の第3月曜日に日付が変更となりました。

紅葉

【敬老の日の由来】

 敬老の日の由来には諸説あります。


[敬老会由来説]

 戦後の動乱期、に村主催の敬老会を開催し、長い間社会に貢献されてきたお年寄りに敬意を表すとともに、知識や人生経験を伝授してもらう場を設けました。そして、9月15日を「としよりの日」と定め、村独自の祝日とすることにしました。
その後、風習は広がりを見せ始め、1964年に「老人の日」、1965年に「敬老の日」となり、国民の休日に制定されました。


[聖徳太子由来説]

 飛鳥時代に、聖徳太子が大阪の四天王寺に「非田院(ひでんいん)」という施設を設立致しました。「非田院」とは、仏教の慈悲の思想に基づき、貧苦病苦の人を救うために作られた施設のことで、ご老人や、貧しい人、孤児を保護しておりました。その悲田院を聖徳太子が設立したのが9月15日であったため、敬老の日がこの日に制定されたとの説です。

紅葉と五重塔

【敬老の日のお祝いは何歳から?】


 敬老の日は、何歳からお祝いするものかという、はっきりとした決まりはありませんので、ご自分のおじいさま、おばあさまに日頃の感謝の気持ちをお伝えすれば良いと思います。
 また、日本で定められている老人福祉法では、高齢者と言われるのは65歳以上の男女であるとされていますので、 もし、敬老の日のお祝いが何歳からか迷われたら65歳を基準にするのも良いかもしれません。

松ぼっくり

【敬老の日に贈るプレゼントは?】


 敬老の日に喜ばれるプレゼントとして、花やフルーツ、和菓子などを選ばれる方が多いようです。花は、お祝いの花として知られる胡蝶蘭が人気のようです。フルーツは、秋の味覚である梨、桃、ぶどうなどが人気です。
 和菓子は、賞味期限が短いものよりは、ゆっくりと食べられる賞味期限が長いものが喜ばれるようで、あられも日持ちがするのでプレゼントとして最適です。


コスモス